◆国会議員

 衆議院  日本共産党  高橋 千鶴子

 集会にご参加の皆さん。いのちとくらし、尊厳守る最前線の職場でご奮闘されていることに心から敬意を表します。

誇りを持って仕事が続けられるように。そして、その土台となる平和を守るため、「戦争法」の具体化、改憲は絶対許しません。

 

衆議院  社民党  照屋 寛徳 

 集会の成功を祈ります。

 

参議院  民進党  牧山 ひろえ

 このたびは「憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会」のご盛会を祝し、心よりお慶び申し上げます。

私はこれまで「命を守りたい」を政策の基本に据え活動を続けて参りました。その点からも、「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安心・安全の医療・介護が受けられる」ことは、非常に重要なことだと痛感しております。

 結びに、本日の集会が実り多き会となること、そしてご参集の皆様方の益々のご発展とご健勝、ご多幸を心より祈念申し上げます。

 

衆議院 無所属  川端 達夫

 

参議院  日本共産党  武田 良介

 日本共産党参議院議員の武田良介です。今、安倍政権は憲法違反の安保法制・戦争法を強行し、また憲法そのものの改悪を狙っています。その上社会保障の連続改悪、労働法制の改悪を行い、働く人の人権が蹂躙されようとしています。

 今、日本国憲法が私たち国民に保障する基本的人権、そして「健康で文化的最低限度の生活」が危機に晒されようとしています。

安倍政権を退陣に追い込み、誰もが安心して暮らせる社会、いつでもどこでも誰でも、必要な時に安心安全の医療・介護が受けられる社会を目指して、ともに頑張りましょう。

 

衆議院  日本共産党  清水 忠史

 ともにたたかいましょう

 

参議院  自由党  木戸口 英司

 憲法・いのち・社会保障まもる10.20国民集会にお集まりの皆さんに心から連帯のご挨拶を申し上げます。

住みよい社会とは、一番弱い立場の人々が生きていくのに暮らしやすい環境がみんなにとっても住みよい社会であると考えます。

安倍政権を弱い立場の人々を顧みない政策ばかりを実行しようとしています。憲法・いのち・社会保障を皆さんと伴にまもっていくことを

お誓いします。

 

参議院  日本共産党  山添 拓

 残念ですが公務が重なり参加できなくなりました。申し訳ありません。

社会保障や戦争法、医療介護・福祉はどれをとっても重要なテーマであり、安倍政権が破壊しようとしている問題でもあります。

この動きに反した10.20国民集会の成功を祈念いたします。

共に頑張りましょう。

 

参議院 沖縄の風 糸数 慶子

 日頃より国民医療の向上、保険医の方々の生活と権利を守るためご尽力されている皆様に心より敬意を表します。

健康は全てにおける基礎であるにもかかわらず、深刻な健康格差から

治療を受けたくても受けられない人が多くいます。また、社会保障の負担増と給付の削減などさらに人々を追い詰める可能性が出ています。

人々の健康を守ることは政府の責任です。誰もが排除されず安心して医療・介護が受けられる平和な社会実現に向けて今後も皆様と共に力を尽くす所存です。

 

衆議院  社民党 吉川 はじめ

 憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会の開催にあたり、心からの連帯のメッセージを送らせていただきます。

ご案内をいただきながら、日程調整がつかず、出席がかないませんことをお詫び申し上げます。

ご指摘の通り、政府の医療費や介護費用の抑制政策によって、安心して医療・介護を受けることが困難になっています。一方では、医療や介護現場で働く方々の就労条件も大変厳しいのが実態です。

 もともと消費税率を10%にまで引き上げても、「社会保障の充実」には2割程度しか財源が回らない仕組みであったものが、さらに増税再延期で、医療や介護を含めた社会保障制度は、自然増の伸び幅をカットされ、縮小されるのではないかと強く危惧するものです。

 まさに、皆さんが主張されますように、かけがえのない「いのち」を守るため、全力をあげる決意です。

最後になりますが、本集会を契機に、皆さんの運動と組織が、ますます強固になりますことを強く期待し、メッセージとさせていただきます。"

 

衆議院 民進党 小川 淳也

 本日「憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会」が盛大に開催されますこと、心よりお慶び申し上げます。

全国保険医団体連合会の皆さまの日頃のお取り組みに心より感謝と敬意を表します。

「憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会」の主旨に賛同し、メッセージをお送りいたします。

医療現場を無視した、医療費削減のみのための「負担増と給付削減」にハッキリと「No!」の声を上げ、共に闘って参りましょう。

結びに、集いの成功と、ご参加の皆様のご健勝を祈念し、激励のメッセージとさせていただきます。一緒に頑張ってまいりましょう!

 

衆議院 日本共産党 堀内 照文

 安倍政権は「一億総活躍社会の実現」などと言いながら労働法制とともに福祉・医療制度の大改悪を進めてきました。

厚労大臣は「年金だけで暮らせると思うな」と公言して憚りません。年金の更なる削減、病床減で患者追い出しや、

介護の福祉用具の「保険はずし」など、どれも社会保障に対する国の責任を投げ捨て国民のいのちと暮らしを脅かすものばかりです。

社会保障の増進こそ憲法25条に明記された国の責任です。皆さんと力を合わせ、負担増・給付削減ストップ、社会保障をよくするため

全力で頑張る決意を申し上げメッセージとします。

 

参議院 日本共産党 倉林 明子

 集会にご参加のみなさんに心から連帯のご挨拶を申し上げます。

安倍政権は憲法違反の戦争法を強行し、憲法そのものを改悪しようとしています。社会保障の大改悪を狙い、さらなる「負担増と給付削減」を推し進めようとしています。

私も医療分野で働いてきたものとして、みなさんとともに国民のいのちとくらしを守るたたかいに全力を尽くす決意です。ともにがんばりましょう。

 

衆議院 日本共産党 島津 幸広

 憲法改悪、社会保障切り捨て-これらは「9条と25条」への挑戦です。

安倍内閣は、「未来への投資」の名のもとにリニアをはじめとする大型開発に莫大な借金を投入、一方で、介護、医療、生活保護など、

今日明日を生きるために切実な分野のさらなる改悪を進めようとしています。許すわけにはいきません。

本日の集会を力に、「憲法・いのち・社会保障まもる」声と運動を大きく広げていきましょう。私も国会内外で全力を尽くします。

ご一緒にがんばりましょう!

 

衆議院 日本共産党 梅村 さえこ

 患者負担増は許されません。

いつでも、どこでも、誰で安心して医療・介護をうけられる社会をめざし、皆様とごいっしょに私もがんばります。

 

衆議院 民進党 升田 世喜男

 憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会が、多くの皆さんのご参加のもと、盛大に開催されます事に心よりお祝い申し上げます。

医療現場でも、「医療崩壊」「介護崩壊」「介護崩壊」と言われる現在、安全・安心の医療・介護の提供のためにも、医療・介護・福祉現場に働く労働者の賃金・労働条件の改善をはじめ、いのちを守る医療体制の確立のために、全力を尽くしてまいります。

集会のご成功を期待し、皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。

 

衆議院 民進党 小宮山 泰子

 憲法・いのち・社会保障まもり、安心して生活の出来る、住みやすい国作りを行っていけるよう、ご一緒に頑張りましょう!

 

参議院 日本共産党 吉良 よし子

 日々奮闘されているみなさんに、心から敬意を表します。

日本共産党は、安倍暴走政治と正面から対決し、改憲を許さず、憲法の平和主義を守り、生かすために、恒久平和を希求する

すべてのみなさんと、政治的な立場や思想・信条の違いを超えて連帯し、頑張りぬきます。

 いのちと人権が大切にされるために社会保障の拡充と、医師、看護師、介護職員、保育士などの大幅増員・処遇改善のために、

みなさんと連帯してたたかいを広げます。

 集会が実り多い成果をおさめ、みなさんの運動と組織がさらに発展することを願って、私からのメッセージといたします。ご一緒に頑張りましょう。

 

衆議院 民進党 郡 和子

 社会保障財源を財政のそろばん勘定の節穴からのぞき見て論ずる政府・審議会の議論は、本末転倒と言わざるを得ません。

医療・介護の安易な給付削減と負担増は、症状・状態の悪化と給付増を招き寄せ、保険財政の悪化につながる愚策にほかなりません。いのちと健康のセーフティネット機能の強化と、持続可能な社会保障制度改革のために、共に頑張りましょう。

 

参議院 日本共産党 田村 智子

 10.20国民集会に連帯のメッセージを送ります。

先の参院選で日本共産党は新たに3人の議員を迎えることができました。

9月よりおこなわれている臨時国会では、衆参合わせて35人の議員で日々挑んでおります。

昨年の安保法制=戦争法の強行採決は、命と人権をかえりみず数の力で国民の声に耳を傾けない暴挙であり、まったく許すことができません。重ねて、経済発展を高らかと掲げてはいるものの、貧困と格差はさらにひろがっています。

 今国会でも、生活といのちに直結するTPPを何としても推し進めようとやっきになっています。まさに「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安全・安心の医療・介護が受けられる」みなさんの願いに逆行する法律です。年金・介護は、高齢化と医療費増加を盾にさらなる改悪を目論んでいます。

 我々の仕事である立法は、みなさんの尊厳が活かされ、豊かに生活するためにおこなわれるものです。税金の使い道があらためて問われる今、日本共産党も英知を結集して改悪阻止に望みたいと思います。

 国民のかつてない世論と運動がいま、野党共同を日々前進させています。「戦争法廃止」の実現、立憲主義の回復へ、憲法に根ざしたあらゆる立場の共同をさらに大きくして、みなさんの要求実現のため私も全力をつくす決意です。

 

衆議院 民進党 宮崎 岳志

 衆議院議員の群馬選出の宮崎岳志です。本日の国民集会開催にあたり皆様のご努力に敬意を表するとともに一言メッセージをお送りさせていただきます。

 いまの医療、介護、年金のすべてにおいて、国民負担が増加し、給付が減額されています。窓口負担が払えないばかりに、受診を控え、手遅れになっている患者さんもいると聞いています。

国民皆保険制度を堅持し、国民誰もが安心安全の医療と介護を受けられるよう私も国会で頑張ってまいります。

最後に本日ご参加の皆様のご健勝をお祈りいたしまして激励のメッセージとさせていただきます。

 

衆議院 日本共産党 大平 喜信

 「憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会」にご参加のみなさまに心からの連帯のあいさつを申し上げます。

安倍政権は、介護報酬・診療報酬の改悪、医療費の窓口負担の引き上げや介護サービスの縮小や利用料引き上げなど、社会保障費を削減し、国民のいのちと人権をないがしろにする暴走を進めています。

 日本国憲法は、前文の平和的生存権、一三条の幸福追求権を、二五条の生存権など多くの先駆的人権条項を持っています。こうした憲法の理念を実現し、いのちをまもる医療・福祉・介護をすすめることが求められています。

本集会が大きく成功されることを心から祈念するとともに、私も、医療・介護・福祉環境の実現のために、みなさんと力をあわせてがんばります。

 

参議院 日本共産党 小池晃

 集会にご参加のみなさん、日頃のご奮闘に心からの敬意を表します。

安倍政権は社会保障の充実を言いながら、参議院選挙が終わった途端に、医療、介護、生活保護などの社会保障の大改悪を次々と打ち出しています。こんな「国民だまし」のやり方は許せません。高薬価にメスを入れることや、税金の使い方を改めれば社会保障の財源は十分に生まれます。いつでもだれでもどこでも安心して医療・介護を受けられる社会の実現、また戦争法廃止へ力を合わせてがんばりましょう。"

衆議院 民進党 田嶋 要 "「憲法・いのち・社会保障をまもる10・20国民集会」の開催にあたり、本集会開催の趣旨への賛同を表明いたしますとともに、お集まりのみなさまに心より感謝を申し上げます。本集会が実り多いものになるとともに、皆様の団結がより一層深められることをご期待申し上げます。

 皆様におかれましては、長年に渡る我が国の高度な医療環境構築へのご尽力に深く感謝申し上げます。今後ともより充実した国民医療、社会保障の実現に向けてご協力いただきますようお願い申し上げますとともに、全国保険医団体連合会の益々のご発展をご祈念申し上げます。

 

衆議院 民進党 鈴木 克昌

 

衆議院 日本共産党 真島 省三

 「憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会」にご参加の皆様へ、心からの連帯と賛同のご挨拶を申し上げます。

世界に誇る国民皆保険・社会保障制度を守るためには、医療・福祉に携わる皆さんの生活と権利が安定していることが必要です。その保障となる診療報酬の底上げや職員大幅増員・処遇改善は喫緊の課題です。

政府が狙っている医療改革は、何時でも何処でも医療・福祉サービスを受けられるという当然の権利を奪い、金の切れ目を命の切れ目とするものです。

違憲立法である戦争法(安保法制)の廃止と国民を蔑ろにする暴走政治に終止符を打つため、また、誰もが安心して医療を受けられる制度を実現する為、市民・国民の皆さんと野党の共闘の輪を大きく強く広げて、平和といのちを守り、憲法を暮らしに活かす社会の実現のために全力で取り組みます。ご一緒に頑張りましょう。

 

参議院 民進党 桜井 充

 国民の生命を守るための施策を全力で推し進めて参ります。共に頑張りましょう!!

 

衆議院 日本共産党 赤嶺 政賢

 安倍政権のもとで社会保障が削られる中、安全・安心の医療・介護が受けられる社会という国民の願い実現のため活動されているみなさんに心から敬意を表します。国民医療を向上させるとともに、医療担当者のくらしと権利を守るたたかいを大きく広げるため、

ともに頑張りましょう。

 

参議院 民進党 矢田 わか子

 

 社会民主党 党首  吉田 忠智

 憲法改悪や社会保障の改悪をすすめる安倍内閣は打倒するほかありません。10・20国民集会のご盛会を祈念いたします。

 

衆議院 日本共産党 宮本 徹

 軍事費や公共事業は、借金を重ねても拡大しながら、社会保障については自然増すらカットする政治の転換へ、私も力を合わせてがんばります。

 

衆議院 日本共産党 本村 伸子

 「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安全・安心の医療が受けられる」そして、医療現場で働くみなさんの生活と権利が守られる社会にしていかなければなりません。みなさんと手をつなぎ、私も力いっぱい頑張ります。

 

衆議院 民進党 長島 昭久

 

衆議院 日本共産党 池内 さおり

 日頃より国民医療の向上と保険医のみなさんの生活と権利をまもるため、多様な活動をされているみなさんにこころから敬意を表します。

いま安倍政権は「要介護1、2の方の保険給付外し」や「75歳以上の窓口負担の原則2割化」など、患者さんの負担増と給付削減を進め、国民の命と暮らしを脅かしています。「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安心・安全の医療・介護が受けられる」ことは国民の切なる願いです。私も皆さんとこころを一つに連帯し、患者さんの負担増を止めるために奮闘いたします。

憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会のご成功と運動の前進を願っています。

 

参議院 民進党 川田 龍平

 国民皆保険はこの国の宝です。70年この国を守ってきた憲法とともに何としても守り抜き、あらゆる人々のいのちが守られる社会の実現をめざします。

 

参議院 民進党 舟山 康江

 「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安全・安心の医療・介護を介護が受けられる」ことは国民のすべての切実な思いです。

私、舟山康江は国民が不安に思っているTPPを再度議論できる様、国会内でがんばります。

共に闘って参りましょう。

 

参議院 日本共産党 岩渕 友

 安全・安心の医療・介護実現のため、日ごろから奮闘されているみなさまに心より敬意を表します。

暮らしといのちを脅かす、これ以上の医療・介護など自己負担増と給付削減は絶対に許せません。

私も、みなさんとご一緒に安倍暴走政治をストップさせるために全力を尽くします。

 

衆議院 日本共産党 斉藤 和子

 

衆議院 日本共産党 藤野 保史

 憲法・いのち・社会保障まもる10・20国民集会にご参加のみなさんに心から敬意を表します。

国民のいのちと健康をまもるために私もみなさんと全力を尽くします。

ごいっしょにがんばりましょう。